NICUというのは、低体重児をはじめ、先天性の疾患や障害を持つ新生児のケアを24時間体制で行う集中治療室のことです。NICUが舞台となったテレビドラマが放送されたことから、看護師の間で人気を集めている職場といえるでしょう。
NICUの看護師の主な仕事は、赤ちゃんのバイタルチェックをこまめに行うことです。新生児というのは、大人のように苦痛を言葉で訴えることができないのです。なので、ちょっと目を離した隙に処置が遅れてしまい、命に関わる事態に陥ることが多いのです。そのため、片時も目を離さずに、経過観察をきちんとすることが一番に求められます。その他にも、呼吸器や薬剤の管理、ミルクを与える、オムツを替えるなども主な仕事です。
NICUの看護師として働く最大の魅力は、小さく産まれた赤ちゃんが元気になって退院していく姿を間近で見られることです。また、赤ちゃんを嬉しそうに抱く両親の様子を確認できることも、やりがいを感じられることでしょう。
NICUにいる赤ちゃんというのは、生まれた時から体に重篤な疾患やハンデを抱えているものです。また、体があまりにも小さくて、明らかに弱々しい姿をしています。このような赤ちゃんが、看護師や医師の懸命なケアによって元気に回復していく姿は、大きな喜びが伴います。
さらに、NICUで働いていると、赤ちゃんの両親や家族から懸命な看護に対して、感謝の言葉をもらうことも少なくありません。人の為に役立っていると身に染みて感じられるために、やりがいのある仕事だといえることでしょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 赤ちゃんの救世主!. All Rights Reserved