NICUとは、新生児集中治療室のことで、早産による低体重児や、心臓病など先天性の疾患をもつ新生児を集中的に管理、治療する場所です。NICUでは、24時間体制でケアを行い、安定した状態になるまで治療を続けます。
そんなNICUでの看護師の主な仕事は、新生児のケアを行うことです。赤ちゃんの検温を行ったり、モニターの表示などを確認したり、体の動きや皮膚の色、泣き声などを観察したりして、状態に変化がないかを確かめます。何か変化がある場合には、医師に報告し指示を仰ぎます。
また、呼吸器の管理や薬剤の管理、挿管チューブの管理なども看護師の仕事です。赤ちゃんが過ごしやすい環境を整えることも、大事な仕事です。たとえば、オムツを変えたり、ミルクを与えたり、体を清潔に保つために沐浴を行ったりすることが求められます。
そのほか、家族へのケアもNICUの看護師の仕事の1つです。新生児としてNICUに入るということは、家族にとっては生まれたばかりの赤ちゃんといきなり離れて暮らすことを意味します。そして、赤ちゃんが低体重であったり、先天性の重い疾患をもっていたりという状態でもあるため、家族は不安な日々を過ごすことになるのです。
また、母親のなかには、自分のせいで赤ちゃんが病気になったのではないかと自分を責めてしまう方もいます。そのため、家族への精神的なケアが必要なのです。
具体的には、赤ちゃんの日々の様子を報告したり、ご両親の悩みを聞きアドバイスをしたりします。家族が赤ちゃんと面会できるように、調整することも必要になります。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 赤ちゃんの救世主!. All Rights Reserved